menu close

和漢のいろは Wakan no iroha

こんにちは。和漢SINCA専属薬学博士のTeiです。今回は、弊社が艱難辛苦の末、ようやく成功しましたロクキョウが、どれだけ価値が高い薬用膠なのかをご紹介したいと思います。

鹿の効能
漢方の本場中国では、鹿は滋養強壮効果が高く、その価値が広く認知され、鹿由来の生薬、医薬品が数多く流通しています。古来から、鹿は捨てる部位が無いほど全身が宝であると言われてきました。

ちなみに生薬の中では、「高麗人参・冬虫夏草・鹿」は三つの宝と昔から認められています。なかでも鹿由来の生薬、ロクキョウはその秘められたパワーから貴重なものとされ、珍重されています。私はこの高級素材、ロクキョウを、恵みの大地・北海道のエゾシカから作ることができたら、と思い描いていました。エゾシカは、ロクキョウをつくるのに適しているからです。その点につきましては、また次回以降に詳しく書きたいと考えています。

中薬大辞典

鹿の膠(ニカワ)、鹿膠(ロクキョウ)はすごい
全身が宝であると言われる鹿から作られるニカワ、ロクキョウには優れた効能が数多くあります。中薬大辞典にも、ほかの薬用膠と比べると「作るのが難しいが、薬効が高い」旨の記載がされています。補血(造血)、再 生不良性貧血、免疫力増強、痴呆症、抗疲労、抗老化、ED、不妊症、流産、乳腺症、呼吸器官の諸病気、骨折、頚椎椎間板ヘルニア、腰椎間板ヘルニア、骨粗しょう症、リウマチなど、多くの効能が期待されます。

なかでも補血については、アキョウ*に勝るとも劣らないパワーを発揮します。ロクキョウの価値、奥深さを、皆さまにもこれから深く知っていただきたいです。
*アキョウにつきましても、改めて解説させていただきたいと思います。

補血のパワーは、当然、美容にも効果を発揮します。漢方の国には、昔から「補血養顔」という考え方があり、内側のめぐりを整えることが外面の美しさに現れると考え、内面美養のために積極的にアキョウやロクキョウを用いています。健康維持はもちろん、若さを保つためにも、ロクキョウを知っていただき、皆さまの美と健康に役立てる力になれたらうれしく思います。